光脱毛と医療用レーザー脱毛の違い

 

光脱毛と医療用レーザー脱毛の違い

脱毛専門サロンの光脱毛のCMをよく見るようになりました。またネットなどで検索すると医療クリニックでもレーザー脱毛が受けられることがわかります。

 

美容外科などのCMも見受けますよね。では脱毛専門サロンとクリニックのレーザー脱毛に違いはあるのでしょうか。

 

脱毛の方式によって効果や費用、施術回数などに違いがあるようですので、比較してみたいと思います。

 

比較1:脱毛の方式

 

脱毛専用サロン

脱毛専用サロンの脱毛と医療クリニックでの脱毛の最も大きな違いが脱毛の方式にあるようです。脱毛専用サロンの光脱毛はジェルを塗り、そのジェルに含まれる制毛効果を光(フラッシュ)をあてることで肌に浸透させて脱毛する方法です。この施術を行った後、2週間ほどで自然に脱毛すると言われています。

 

ただし、施術した部分のすべてが脱毛されるわけでは無く、毛周期というものがあるそうでタイミングが合わなかった毛については、この施術では抜けないので注意が必要です。なので、脱毛したい部分の毛をすべて脱毛するのであれば何回か施術の回数を重ねて行う必要があるのだそうです。

 

医療クリニック

一方で、医療クリニックで行うレーザー脱毛では、毛根と毛乳頭という、毛が生えるために皮膚の下にある組織に直接的にダメージを与えて、組織自体を破壊してしまいます。これらの組織は一度破壊されると毛が再び生えてくることはないので、1度で施術が終了するのだそうです。

 

比較2:費用

 

次に費用はどうでしょうか。

次に費用はどうでしょうか。光脱毛は脇だけ数百円で施術するCMなども散見されますので非常に安価であると言えるでしょう。

 

これに対してレーザー脱毛は高額であると言えます。医療クリニックによって幅があるものの1回数万円といった設定のところが多いようです。

 

これはレーザー脱毛は医療行為であり医療機関でしか施術ができないこととレーザー脱毛で使う機材は高額であるために、光脱毛より価格が高くならざるを得ないようです。価格以外にも考慮すべき点はあります。

 

光脱毛

光脱毛は1度では完全に脱毛することができないことはご説明しましたが、場合によっては光脱毛を15回以上行わないといけないこともあるようです。これで、もし3ヶ月に1回の施術で脱毛を完了しようとすると3年以上かかってしまいます。

 

レーザー脱毛

レーザー脱毛では、1度の施術で完全に脱毛できるために、毛周期を1週、回してしまえば、それで脱毛が完了することになるのです。個人差はあるものの毛周期1週にかかる期間は概ね5回程度の施術で完了するようです。

 

まとめ

 

以上、脱毛サロンの光脱毛と医療クリニックのレーザー脱毛について主な特徴を見てきましたが、いかがでしたか。方式、費用、施術にかかる期間を比較してみましたが、それぞれ一長一短があり、どちらがお勧めであるとか、どちらが優れているとは言えないことが、ご理解いただけたと思います。

 

値段を優先してゆっくり脱毛することを考える方もおられるでしょうし、お金が多くかかっても早く脱毛できる方が良いと考える方もおられるでしょう。それぞれのライフスタイルに合った脱毛法を選択していただければと思います。