TBCで脇のニードル脱毛

 

TBCで脇のニードル脱毛

数年前ですけどエステティックTBCでワキ脱毛をした事があります。私の肌質はアトピー肌なので皮膚がとても敏感です。

 

ワキをカミソリで剃ろうものならすぐに肌がピリピリしてしまったり、痒みを感じたりしていました。

 

エステティックTBCでワキ脱毛をしてもらう前のカウンセリングでアトピー肌でも大丈夫なのかどうかを確認しました。

 

このサロンを選んだのは同じような肌質の人も多く施術しているのではないかという期待からです。

 

カウンセリングから施術まで

 

カウンセリング

お店に到着して店内を見回してみるとキレイでオシャレな雰囲気でした。しかも部屋が完全に個室なので、気兼ねする事もなく気楽に通えそうなイメージだったと記憶しています。初めにカウンセリングをしてもらった時に肌と毛の状態をみてもらいました。

 

光脱毛・ニードル脱毛など、脱毛の手法はサロンごとに違いがありますが、エステティックTBCはニードル脱毛という手法をとっていたようです。これもカウンセリングの時に詳しい説明をしてもらいましたが、ニードル脱毛は毛と同じ位の太さの針を毛穴に挿入し、毛根に電気を流します。

 

 

ニードル脱毛について

話を聞いていると、毛の一本ずつを丁寧に施術していくため、毛が多い人は時間がかかってしまうそうです。毛の本数ではなくかかった時間で計算するタイプの料金システムだったため、数年前(たしか五年前位だったと思います)は一分間700円と高額でした。

 

毛穴に電気を流した後に毛を全て取ってもらうので、その後の処理は自分でしなくて済みます。医療機関と提携しているのもこのサロンの強みで、もしもニードル脱毛による肌トラブルが起きてしまった場合でも、提携している病院で診察を受ける事が可能なので小さい個人サロンなどに比べると安心感が違いました。

 

施術体験

初めはたくさん生えていたムダなワキ毛も、何度も通い続けているうちに毛がどんどんと減っていきました。ワキなどのムダ毛の脱毛は大体平均すると二年ほどで毛が生えてこなくなると言われていますが、私の場合も二年ほどでほとんどの毛の処理が終わりました。

 

まとめ

 

まとめ

ニードル脱毛は痛みもありますし、光脱毛程短時間でサロンから帰れるわけではないので時間がある程度まとまってとれる人に向いています。

 

料金も光脱毛に比べると高いので、二年間分のお金を払う事ができて、中途半端に終わらないように出来る人でないと難しいでしょう。

 

ですが肌トラブルを抱えている女性は結構たくさんいますよね?肌トラブルの事を考えずに無理やり施術してしまう脱毛サロンも中にはあるかもしれません。

 

自分の大切な肌を守りながら、もしもの時には提携している医院もあり、施術による肌トラブルもこれといって起こさないようにやってくれる可能性の高い脱毛サロンは頼もしい存在です。 

 

また、アトピー肌だと皮膚の色が黒ずんでしまいます。光脱毛の方が痛みも少ない上に価格も安く、施術時間も少ないですが、残念ながらアトピーで黒ずんだ肌はレーザーで施術する事が難しいと言われてしまいました。スタッフの人達も気さくな人やゆったりさせてくれる人など様々でした。