ワキを脱毛したらワキガになるって本当?

ワキの脱毛をするとワキガが軽減されたという方もいれば、ワキガが気になるようになったという方もいます。どちらが正しいのでしょうか。
そもそもワキガの原因はアポクリン腺という汗腺からでる汗と皮膚に存在している常在菌が分解されることによって発生します。常在菌はワキ毛が生えているとワキの湿度が上昇するため、繁殖しやすくなってしまいます。そこでワキ毛を脱毛すると、ニオイの元となる常在菌の繁殖を抑えることができるので、ワキガを抑えることができます。ですので、脱毛することでワキガが悪化することは考えにくいとされています。
では、脱毛すると以前よりもワキガが気になるようになる方がいるのはなぜでしょうか。これについては様々なことが考えられます。例えば毛のない毛穴に皮脂や汚れなどがつまり、それが酸化することでニオイが発生したり、汗をせき止めていたワキ毛が無くなることで汗の量を多くなったように感じ、ニオイにも敏感になることなどです。さらにニオイを気にしすぎることで精神的な理由で発生する汗を出している可能性も考えられます。
こうした事態を防ぐためにはきちんとケアをすることが大切です。入浴の際に丁寧に洗ったり、市販で販売されている制汗剤を適宜使用するようにしましょう。尚、塗るタイプの制汗剤を使用すれば長時間ニオイと汗をカバーしてくれるのでおすすめです。