毛深いわき毛の脱毛効果

毛深さによる脱毛効果の違い
 脱毛の施術を受ける際、毛が濃い、太いと脱毛効果が得られなさそう、回数が多くなって時間がかかりそう、と心配している人もいると思います。でも、実際は毛が濃い人ほど脱毛サロンでの脱毛がおすすめなのです。

 

<毛が濃くても薄くても、時間はあまり変わらない>

     脱毛するとき、エステの一種である脱毛サロンと医療機関のクリニック、どちらがいいか悩むと思います。
     脱毛方法はそれぞれ、脱毛サロンでは光脱毛、クリニックではレーザー脱毛と考えて良いでしょう。エステとクリニックなら、パワーの強いレーザーを照射して施術できるので、クリニックの方がちゃんと脱毛できる気がします。毛が濃いならなおさら、脱毛サロンでは不安に思うかもしれません。
     光脱毛とレーザー脱毛の違いは、基本的に出力の大きさの違いです。脱毛サロンは医療機関ではないので、強い出力レベルであるレーザーは使うことが出来ないのですが、濃い毛に対しては強い出力レベルではなくても効果が出やすいので、脱毛サロンの光脱毛でも充分脱毛効果が得られます。クリニックと比較しても料金がお得ですし、パワーが強いということはそれだけ肌への負担も大きくなるので、脱毛クリニックの方がおすすめです。
脱毛は、ムダ毛が濃いから時間がかかる、薄いから早く終わるということはあまりありません。脱毛は肌の中の黒い部分に光が反応して、毛根にダメージを与えます。
なので、ムダ毛が濃い(毛が太い)ほうがよく反応し、薄いと反応が鈍いのです。
そのため、ムダ毛が濃い人のほうが脱毛の効果を感じやすいとされています。ムダ毛が初めから薄いからといっても、効果を感じられないわけではありませんが、効果を感じるまでに時間がかかるので、実際にはムダ毛が濃くても薄くても効果に大きな違いはありません。

 

<毛が濃い方が脱毛効果を感じやすい>

   黒い色に反応して照射する光脱毛(フラッシュ脱毛)の場合、ムダ毛が長いままでは脱毛できないため、通常は自宅である程度処理してくるか脱毛サロンのスタッフさんに処理してもらってから行います。この時になぜ完全に抜いてしまわないかというと、毛穴の中にメラニン色素が含まれた毛根が存在していることが脱毛時に必要なのです。   
毛根に向けて光を照射し、その光をメラニン色素の存在する毛根が吸収することで育毛組織を破壊できます。
   毛が濃い、太い人は、メラニン色素も濃いので、脱毛がスムーズに行えます。

 

<毛質が変わって自己処理が楽に>

   脱毛時には、毛が成長期間中であることも重要で、成長期間中の毛に光を照射すると毛の組織に反応して綺麗に抜け落ちます。この点も脱毛効果を感じられるうえで重要なポイントとなります。
   何度か繰り返して施術を行っていくと、毛が成長しても、次第に太くて剛毛な毛から細く産毛のような毛質へと変化していきます。これは、毛を育てる細胞の力が弱まったことを示しています。カミソリなどの自己処理では毛質は変えられません。

 

<わき脱毛は比較的効果を感じやすい>

   Vラインやわき脱毛は、比較的ムダ毛が濃く脱毛の効果が感じられやすいとされています。
   脱毛サロンの光脱毛は、黒いものに光が反応して脱毛する仕組みなので、毛が黒くて太い方が抜けやすいのです。わきの毛質は他の部位の毛と比べて、毛が黒く太いので脱毛効果が出やすいのです。わきは頻繁にお手入れが必要な部位でもあるので、脱毛の満足感も高く感じられます。
   また、ムダ毛が生えてきても、軽くひっぱるだけで簡単に抜けますし、その部分の肌にムダ毛がなくなるだけで肌がとても綺麗にみえます。

 

   数週間すると再度ムダ毛が生えてきてしまうので、脱毛を行った1ヶ月前後が一番肌がきれいな状態になります。ムダ毛の数が減っていますし、脱毛の効果のあった毛が抜け落ちた状態となりますので、海や温泉などに行く際は1ヶ月前を目安に脱毛へ通うとよいでしょう。