脱毛サロンの勧誘がひどい!どうしたらいいの?

 

脱毛サロンの勧誘がひどい!

最近の脱毛サロンは勧誘をしないように徹底している所も増えてきています。

 

一昔前はエステの脱毛にせよ脱毛サロンにせよ勧誘がひどい所も多かったですが、現在では法規制が進んで以前ほどしつこい勧誘は無くなってきています。

 

以前までは無料キャンペーンやお得なキャンペーンで人を呼び込み、荷物を取り上げて数時間缶詰なんて事もありましたが、

 

このひどい勧誘を毛嫌いする人は非常に多く、後から消費者センターなどに相談されてしまう事もある事から、最近では脱毛サロンの多くが勧誘しない方針をとっているか、あっても軽く紹介程度に止めている所が多いのです。

 

また、女性の口コミ効果というのはものすごく、女性は気に入った店があれば友人・知人に紹介をしますが、嫌な思いをした店も同様に触れ回ります。結局最終的にはお得なキャンペーンを打ち出していても足を運んでもらえず、自らの首を絞めてしまいかねないので、しつこい勧誘を行ってネギ背負ったカモを一匹も逃がさないような営業方針ではいずれ頭打ちになってしまいます。

 

勧誘のないサロンを選ぶには?

 

勧誘のないサロンを選ぶには?

しかし未だに脱毛サロンの中にはひどい勧誘を行っている昔ながらの所も存在しています。

 

そういった脱毛サロンに行ってしまうと、契約するまでとてもしつこく、まるで取調室にいるような状態になってしまう事もあると聞きます。

 

そういった所は例え勧誘に負けて契約してしまっても、更に次の手が待ち構えている事があるので全く気が抜けません。

 

脱毛技術よりも営業技術に長けているサロンである事も多く、美容ジェルなどの高額なスキンケア商品を売りつけられてしまう事もあるのです。こういった事を避けるためには、ネットで口コミすら出てこないような脱毛サロンなどを避けるべきでしょう。

 

もしも実際に訪れてみて、ひどい勧誘が始まったら、とりあえず席を立って二度と座らないようにし、出口に向かって歩きながら短い言葉で断るのがおすすめです。ずっとしつこく話をそらすようならば、同じ言葉をずっと繰り返して断り続けます。

 

頑として断っているとムカつく事を言ってくる人がいますので、後々イラッとしないように同じように嫌な事を返してあげましょう。後は短く断り続けるだけです。場の雰囲気に流されず、いつも自分のペースでいる事が大切です。

 

これが出来ない場合には家族の了解が無ければ契約が出来ない、独身の人の場合は母親が貯金を管理しているのでまずは相談しないと文句を言われるし、家族が気性が激しいので下手に相談せずに契約すると店にも迷惑をかけるかもしれないと話すのが良いでしょう。

 

もし契約してしまったら!

 

もしも無理矢理契約されてしまった場合にはクーリングオフをしましょう。無理矢理契約されて困っている場合や、クーリングオフについて詳しく知りたい場合には電話番号188に電話をかけて相談するのがおすすめです。この番号は消費者庁の相談窓口につながります。