脇脱毛サロンエステの危険性

 

■わき脱毛サロンのデメリットには何がある?

 

わき脱毛サロンを利用する際に感じるデメリットには何があるのでしょうか?

 

デメリット1

サロンのデメリット

まず良く言われているのが通うのが面倒だという事です。

 

こういった脱毛サロンの雰囲気が好きだという人もいますが、わき脱毛を完璧に仕上げるためには十数回〜20回程度の施術をしなければなりません。

 

一回の施術時間は30分程度と短い脱毛サロンが多いので、忙しくても時間の合間をぬって通う事が可能です。しかし逆を返せば、たった30分のために出かける事がおっくうという人も多いのです。

 

わき脱毛は他の部位の脱毛に比べると安かったり、他の部位の無料キャンペーンとして組み込まれている事まであるため、金額が高額というデメリットはあまり無いですが、わき脱毛の施術が完了してわき毛とオサラバするためには2年以上かかるケースがほとんどです。

 

脱毛サロンに通う頻度はそう高くないですが、数か月に1度であっても長々と通わなければならないのが面倒くさいという人もいます。ムダ毛が細いなど、状態によっては2年経っても完了しない人もいるので通うのにも根気がいります。

 

施術時間は短いですが、エステやマッサージとちがって特に気持ちがよくなったりリフレッシュできるとは言い難いのも特徴的です。特に冬場は冷たいジェルで体が冷えるので行くのが更におっくうになります。

 

デメリット2

この他にも、わき脱毛のデメリットに汗をかきやすくなるという事が挙げられます。全ての人がこのようになるわけではありませんし、わき脱毛にはわき汗を増やす効果はありません。ですがムダ毛が無くなると肌が敏感になりますので、汗を感じやすくなってしまうと言われています。

 

しかしどのみちワキ汗というのはだれでもかくものですし、暑い時期には脱毛サロン経験者だろうがそうでなかろうがワキ汗を感じます。ですから、気になる場合はワキ汗パッドを利用したり、制汗効果が高いデオドラント製品を使用するのが良いでしょう。これを気にしてわき毛ボーボーだったり、毛抜き後のチキン肌や剃った後が丸わかりの方が恥ずかしいです。

 

■わき脱毛サロンのメリットには何がある?

 

上記ではわき脱毛サロンの利用におけるデメリットの一部を挙げましたが、わき脱毛サロンのメリットには何があるのでしょうか?

 

メリット1

わき脱毛サロンのメリット

当たり前の事ですが、わき脱毛サロンを利用すると、ムダ毛の悩みや自己処理とはおさらばする事が出来ますし、

 

それに伴って自己処理時のお肌のダメージも無くなりますし、カミソリ負けや黒ずみなども予防する事が可能なのがメリットとなります。

 

メリット2

自己処理をした場合、何度処理をしたとしてもいつの間にかチクチクとした短い毛が出てきてしまいます。カミソリで剃れば結局肌の表面に出ている毛だけを剃りあげるわけですから、男性のひげの剃り跡のように青く目立つ事すらあります。

 

毛抜きで抜く場合は痛いですし、非常に面倒な上にチキンの皮のようにブツブツになってしまいます。しかも腕を上げているので疲れるという人もいるでしょう。

 

脱毛サロンで施術してもらえば、このような面倒な脱毛作業をしなくて良くなりますし、回数を経るごとに無駄毛が減っていくのが結構楽しみになります。徐々にお手入れも楽になりますし、毛を脱毛しているけれど毛抜きで抜いた時のような肌のブツブツもありません。

 

わき脱毛をするとわき毛処理を怠っていて、偶然だれかに見られてしまうプチ悲劇も防ぐ事が出来ます。自己処理をしてもすぐに再び生えてきたり、処理痕が目立ちやすいので、結果的には脱毛サロンでのわき脱毛に軍配が上がります。